グッズ予約受付終了しました。次回作もご期待ください!
2023/12/13

#BSMAC2023 ボクと🐶とHDR

KOICHI 2023/12/13

#BSMAC2023 の記事になります。

BSMアドベントカレンダーは、BSMメンバーがクリスマスまでの期間中、毎日マガジン記事を投稿する企画です。BSMメンバーでない方も全て読むことができますので、クリスマスまで一緒に盛り上がりましょう!
詳細についてはこちらをお読みください。


自己紹介

初めまして、KOICHIと申します。 普段Web制作をメインに仕事をしているのですが、大型犬のワンちゃんが好きすぎてワンちゃんのための会社を作ってしまいました。

今回はボクが趣味でもあるカメラ機材いじりや映像編集を通じて、iPhone13の発売日から毎日動画更新をしているコツやノウハウを共有いたします。 どりきんさんのようにどうやったら毎日続けられるかの参考に少しでもなればと思います。

構想・企画

目的である毎日動画更新をどうやったら実現できるかを考えたときに、まずは自分の生活を見つめ直します。vlogやノウハウ、バラエティなどジャンルを考えるより先に毎日やっていることを思い出します。

朝起きてから寝るまで何をしていますか?

よくある1日のスケジュールを書き出しても良いかもです。先にボクが失敗した事を挙げると、vlogとノウハウ動画はうまくいきませんでした。

なぜなら一人でしゃべるのが苦手だったからです。

どりきんさんが、とにかくカメラを回せばいいんですよ、恥ずかしさも慣れますとおっしゃってたので試してみたら何も思い浮かばず。

さらにボクのパートナーがプライベートをパブリックに発信するのを極端に嫌がるので、vlog的なものは断念しました。ノウハウ系も挑戦してみたのですが、喋りが苦手なので台本作ったり事前素材を作る時点で数日かかり断念。

最後にワンちゃんと暮らしているので毎日お散歩に行くからこれを動画にしようと決めました。

テーマを決める

毎日続けるのには効率化が絶対条件です。仕事をしながら家族との時間や睡眠を確保したりする中に寝る前の歯磨きのようにルーティンを組み込むのがポイント。

さらに楽しみを見つけながらでないと続きません。

いくつかキーワードを挙げてみるのがコツです。ボクの場合は下記を挙げました。

  • iPhoneのシネマティックモード
  • ローアングル撮影
  • 映画のシネマスコープ
  • 音楽
  • 映画のようなグレーディング

実は中学校のころからいわゆるエレキギターを初め、30すぎまでコテコテのバンドマンでした。

その経験もあって昔で言うPV、今でいうMVをずっと見ていました。

映画も好きでよく見ていたので、毎日MVを作れたら楽しいだろうなと思い、テーマが決まりました。

撮影編

まずは機材選び。 ボクは毎朝3頭の大型犬のワンちゃんとお散歩をしています。

  • チャウチャウ(5歳♂/31kg)
  • ハスキー(2歳半♂/20kg)
  • バーニーズ(1æ­³8ヶ月♂/28kg)

1度で3頭を連れて行くことはできなくはないのですが、安全や歩く速度を考えると、ハスキー/バーニーズ、チャウチャウと2回に分けた方が都合が良いです。

どの子もリードを首とハーネスのダブルリードなので、1回目は4本、2回目は2本と片手は確実にリードで塞がれます。

なので、できれば一眼レフ系のカメラでジンバルを使って撮りたいのですが断念。 結局お手軽なiPhoneでの撮影が今のところ自分が求める画の最適解となりました。

ちなみに、撮影機材遍歴は下記の通り。

  • iPhone13ProMax→iPhone14ProMax→iPhone15ProMax
  • DJI OM4→OM5→Insta360 Flow

ケースはMomentのケースをつけて、NDフィルターやCPLフィルター、アナモルフィックレンズ、広角レンズなど色々試して楽しんでいます。

アプリはずっと純正のカメラアプリだったのですが、最近は下記の設定で撮影しています。

  • Blackmagic Camera(Apple ProRes422HQ / 4K24fps / Apple Log HDR )

撮影に関して自分の中でのこだわりが、ローアングル撮影とパララックス効果です。 お散歩をしているとどうしても飼い主目線になりがちなのですが、ボクの中ではスヌーピーの世界の目線を意識しています。

つまりワンちゃん目線です。スヌーピーには人間は腰くらいまでしか映りません。 ワンちゃんを可愛く迫力のある感じに撮りたい場合、水平より10度くらい上から撮るといい表情が撮れます。 たまに上目遣いとかしてくれたら最高です。

パララックス効果は背景の奥行き感をだし、ワンちゃんとの視差効果を意識します。 言葉で言うと難しいのですが、要は常に並行して撮影するのではなく、たまに回り込むように撮影をするとワンちゃんに対して背景が早く動くので、雰囲気が出るよということです。

あとはなるべく表情が映るように撮影します。これがうちの子たちは一番難しいのですが、失敗を重ねながら上達するのを毎日楽しんでいます。

あとは色んなアングルから撮るのを意識しています。同じ画でも色んな角度から撮るとそれだけで緩急をつけられるので、飽きないようになります。座ってPCに向かってキーボードを打っている姿を遠目から上から下から正面から撮ってみてください。おもしろいですよ。

あと、意識しても中々できないのが動画のつなぎ。最近はトランジションを使わずに壁や柱など何かで画面を覆い、次の場面に移動します。MVとかなら事前に絵コンテなど完成のイメージを想像しながら撮るのですが、毎日の気まぐれなお散歩ではそうはいきません。

次の場面に繋がるように、とかストーリーを持って、とか曲に合わせて緩急をつけたりとか。

曲についてはほぼ初聴で編集をするので、まだ満足のいくような形にできていません。

データ運用

iPhoneが512GBなのと色々なアプリやデータが入っているので、正直今回は1TBの方が運用は楽そうです。

なので、毎日大体20〜40GBくらいのデータになります。 1つの素材が3〜10秒がほとんどです。1秒80MB前後なのでまぁまぁな大きさです。

一度SSDをつけて外だし運用にしようと思ったら、スマホジンバルのペイロードに耐えきれなくて結局断念。

本体内蔵にして、iCloud(2TB)上に保存しています。お散歩(約2時間弱)が終わった時点でiPhoneは60%くらいまでバッテリーが減るので、充電しているとPCの方にも同期が始まります。

そのファイルを毎日外付けSSD(Samsung X5)に移しています。

初めMacBookPro本体でなんとかなるかと思っていたのですが、iPhone15になってデータ量が増えたので、これも断念。

結局編集はSSD上で行い、ある程度溜まったら別のPCのHDDに移動しています。

編集編

編集ソフトは今はDaVinci Resolveですが、初め、iMovieやFCPを使っていました。 シネマティックモードで後からf値いじれたりしたので便利だなとおもっていたのですが、毎日更新をする中で、編集時間はできれば10〜20分以内に終わらせたいという気持ちが大きくて、グレーディングの練習にもなるので、結局DaVinci Resolveになりました。

音楽選び

音楽は当時、検索のしやすやさと、価格を鑑みてEpidemic Soundにしました。膨大な曲の中からボクの絶対条件は一つ、ボーカルが入ってること。MV感覚で作るのでボーカルが入っていた方が楽しいです。

そして、ジャンルはできればメタル、次にRock、Punkなどバンドサウンドが好きなので、優先順位高めです。ただ、2年以上毎日やってると楽曲が枯渇します。なので、POPSやEDM、4つ打ちのダンス系などの曲を使います。

素材作り

映像の中に文字要素や装飾をいれるのがあまり好きではないので、脚力シンプルに。タイトルと最後楽曲情報のみ。あとは上下のシネマスコープ。

まずタイトルはMotionElementsを年間契約しているので、そこで調達。デフォルトのタイトルプリセットも増えたので最近はそちらでも良いかも。そして楽曲情報、これはデフォルトのテンプレの中から使ってます。

最後、シネマスコープなのですが、DaVinci Resolveにはデフォルトでタイムライン→出力部ランキングで付けられる機能はあるのですが、アニメーションとして、使いたかったのでMrAlexTechさんの素材を購入。サイズは色々試して好みだった「2.35:1」をチョイス。

タイムラインでは、エディットを使っているのですが、音楽素材についてはその場で-14dbにノーマライズをかけています。

基本的にクリップごとの音声はあまり入れたくないので、-20db以下か消音しています。 音楽の邪魔にならないように意識しています。

カラーグレーディング

ここからがDaVinci Resolveの醍醐味、カラーグレーディングです。 やり方が無数にあるのと、正解がないので何も知らないと挫折しやすいです。

Macbook Pro M1 Maxが出てから、本格的にHDR動画を始めました。 せっかくiPhoneや他のカメラでもHDRが撮れるようになったので、趣味だし楽しもうと思い色々試しています。

ただ、カラーコレクション/カラーグレーディングに関しては基本さえ押さえていれば応用はできます。

  • カラーコレクション:色をノーマライズをします、よくある設定のスタンダードに近いです。
  • カラーグレーディング:演色といった方がわかりやすいでしょうか、雰囲気を出します。

ここでは細かいことは説明しませんが、今度BSMでみんなで同じ書籍を見ながらワークショップができたらと思っていますので、お楽しみに。

よく音楽でもギターを始めたい人が何から始めればいいですか?と質問いただいたりします。 その時は必ず、好きな曲をコピーしましょうとお伝えします。

これは自分の経験なのですが、教本も試したことがあるのですが、挫折しました。 お恥ずかしい話ですが、ギターを始めたきっかけは不純です。

「女の子にモテたいから。」

友達が文化祭でBOØWYのコピーバンドをやっていて、衝撃を受けたのと、もっとカッコいいのをやってやるーと厨二病丸出しで無謀にもX JapanのBLUE BLOODから始めて後悔しましたが、続けることができました。

話は脱線しましたが、グレーディングも同じで、好きな映画、好きなMV、好きなドラマなどの絵に近づけたい所から始まります。

ボクは最近はKodak PORTRA400の色味が好きなのですが、そこからモダンなシャープさや高解像度を付け加えたいと思い試行錯誤を続けています。

毎日続けるためには、ノードをプリセットとして保存しておくので、Power Gradeにスチルを保存してクリップをグループ化させてそこに適用しています。

タイムラインに設定していないのは、シネマスコープまで影響があるからです。

屋内、屋外の露出や色味が微妙な場合は、個別に改めて調節をしますが、ほぼグループ化で対応しています。

書き出し

HDRで書き出す場合は、HDRメタデータをつけないといけないので、画像を参考にしてください。 オーディオに関してはリニアPCMの24bit/48kHzで書き出しています。

書き出しの時間は3:25(1.8GB)の動画で11フレームで8分かかります。 Youtubeにアップロードをして4K化まで約70分、その後HDR化までは数時間かかります。 HDR化は残り時間が出ないので、いまだにわからないので、大体1日経つとHDR化されています。

終わりに

ボクのお散歩動画は基本的に限定公開で、ほぼ自分のために作っています。 うちの子たちは間違いなく自分より先に他界し、悲しみに暮れる姿が容易に想像できるので、思い出を少しでも多く残していたいから続けています。

もちろん自分の趣味である、動画や写真なども楽しみたいので、いろんな機材を使って楽しんでいます。

結局毎日続けるのは何かしら楽しみがあるから、というのが一番の原動力だと考えます。

大人になってから趣味友ができて人生がより豊かになりました。 いつも絡んでいただいている皆さま、ありがとうございます。

これからもワチャワチャと遊んでください。


カレンダー期間中の記事一覧はこちらからご覧いただけます。最後までお読みいただきありがとうございました。

backspace.fm